緑内障・糖尿病網膜症なら広島のすやま眼科クリニック

緑内障について|祇園すやま眼科クリニックサイト

〒733-0011
広島市西区横川町2丁目7-19
横川メディカルプラザ5階


休診日 / 木曜日・日曜日・祝日


午前 / 9:00〜12:00
午後 / 14:00〜17:30

土曜 / 午前 9:00〜12:00
午後 14:00〜16:00

※木曜日に診療を要する場合は、午前中のみ(9:00〜12:00受付)祇園すやま眼科クリニックで対応致します。

緑内障について|すやま眼科クリニックサイト

緑内障とは

緑内障は、何らかの原因で視神経が障害され視野(見える範囲)が狭くなる病気で、眼圧の上昇がその病因の一つと言われています。

緑内障の治療

緑内障の治療は病気の進行をくい止めるため、眼圧を低くコントロールすることが最も有効とされています。
治療法としては薬物療法、レーザー治療や手術が一般的です。
レーザー治療や手術を受け、眼圧が下降しても、その効果が維持されるとは限らず、再度手術を行う場合もあります。
〔物療法|▲譟璽供室N邸鱈手術
糖尿病網膜症に対しての網膜光凝固術|すやま眼科クリニックサイト

糖尿病網膜症とは

眼の一番奥、眼底には網膜という神経の膜があり、多くの毛細血管があります。
糖尿病の患者さんの血液は、糖が多く固まりやすい状態になっているため、網膜の毛細血管を詰まらせたり、血管の壁に負担をかけて、眼底出血をしたりします。
そのため、血液の流れが悪くなり、網膜に酵素や栄養素が不足し、これが糖尿病網膜症の原因となります。
進行した場合には、網膜剥離や硝子体で大出血が起こり、失明に至る場合もあります。

治療

レーザー光凝固術

レーザー光凝固術は、網膜にレーザーを照射して、新生血管の発生を防ぐ方法です。
適切な時期にレーザー治療を行えば、網膜症の悪化を食い止めると考えます。
黄斑という視力の中心を担う場所にはレーザー光は当てられませんので、そこにむくみや出血が起こると硝子体手術が必要となります。
また、レーザー治療を行っても、増殖型糖尿病網膜症に進行する場合も硝子体手術が必要となります。
●外来通院で治療可能です。
●点眼麻酔をして、1回5〜10分程度の時間で終了します。
●進行の段階によって、数回に分けて治療します。

硝子体手術

新生血管が破れて硝子体に出血を起こす硝子体出血や、網膜が眼底から剥がれる網膜剥離が起きた場合には、硝子体手術が必要となります。

糖尿病網膜症で失明しないためには

‥尿病といわれたら、必ず眼科で検査を受けてください。

自覚症状では眼の状態はわかりません。

定期的に眼科の検査を受けましょう。

Copyright(C) 2009-2018 Suyama Eye CLINIC.ALL RIGHTS RESERVED.