白内障手術なら広島のすやま眼科クリニック

硝子体注射(抗VEGF治療)|祇園すやま眼科クリニックサイト

〒731-0137
広島市安佐南区山本3丁目1-10


受付時間 / 9:00〜17:30
休診日 / 金、土曜午後・日曜・祝日


午前 / 9:00〜12:00
午後 / 15:00〜17:30

※金曜日に診療を要する場合は、横川すやま眼科クリニックで対応致します。

TOPページ > 祇園すやま眼科クリニックHOME > 硝子体注射(抗VEGF治療)
抗VEGF治療(抗血管新生薬)|祇園すやま眼科クリニックサイト
体内の血管内皮増殖因子(VEGF:Vascular Endothelial Growth Factor)という物質の働きによって活発に成長します。
抗血管新生薬療法とは、このVEGFに対する抗体(=ある物質の働きを邪魔することで、その物質の作用を抑える物質)を目に注射することで、脈絡膜新生血管の成長をおさえる治療です。

抗VEGF治療

_知隹斑変性糖尿病黄斑浮腫L嵋貔徒閉塞症ざ畛訐脈絡膜新生血管症
VEGFというのは血管内皮増殖因子といって加齢黄斑変性の症状を悪化させる最大の要因となる物質です。
そのVEGFを中和させる抗VEGF薬を硝子体注入する治療です。
初回は1ヶ月おきに3回投与する場合が多いですが、各患者さんの症状により治療回数は変わることもあります。
特に生活習慣病の方は日頃から目の症状に注意し、網膜(黄斑)疾患が疑われる場合には眼科専門医に早めに相談しましょう。

治療の実際

抗血管新生薬療法は、抗VEGF抗体を眼球の中の硝子体(しょうしたい)という場所に注射する方法です。
注射する3日前より抗菌剤の点眼を使用し、注射前には眼球とその周囲の皮膚を消毒してから、薬を注射します。
注射は数秒で終了します。また注射後も抗菌剤の点眼を使用していただきます。
注射の頻度・回数は、病気の状態によりさまざまですが、当院ではルセンティスとアイリーアという薬剤を使用しております。
約1ヵ月ごとに3回注射を行なう方法が一般的です。

治療後の注意事項

この治療で最も重い合併症は、感染症です。 重篤な場合には失明にいたる場合もあるため、注射前後は担当医の指示どおりに、抗菌剤の点眼が必要です。 また、注射後に強い眼痛や充血などの症状がでた場合には、直ちに受診していただく必要があります。

治療費用

ルセンティスおよびアイリーアによる"抗VEGF薬硝子体内注射"での治療は、健康保険適応になります。
ルセンティス注射およびアイリーア注射の負担額は
注射1回につき  1割2割負担の方は 14,000円(上限額)  3割負担の方は 45,000〜50,000円
となっております。
通常の場合、まず1ヵ月おきに3回注射をおこなう事が多く、効果をみて継続するか中止するかを医師が判定します。

Copyright(C) 2009-2018 Suyama Eye CLINIC.ALL RIGHTS RESERVED.